スポンサーサイト

  • 2016.05.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


しばらくぶりの更新、だがやはりきじ亭

すんごいご無沙汰してしまった。とはいえまたも書くのは「きじ亭」。家系が数軒できて静岡市内のラーメン事情も変わりつつあるが、市の中心部はあかつき屋なき後、やはり主役不在である。そんな中でもきじ亭は少しずつ進化している。



これはきじ亭ならではの油そばに粉チーズがトッピングされたものだ。また台湾混ぜそばといった新しい油そばも週末限定ながら存在する。なによりここは麺の歯ごたえがたまらない。今後どんな新しい麺を作り出すのか、また楽しみに来年度を迎える事としよう。

きじ亭 リニューアル

久々の投稿。というか読んでいる人いるんだろうか? 今回は以前から登場している「きじ亭」。最近リニューアルオープンされた。新しいメニューは以下の通り。
和風つけ麺 600円
味玉和風つけ麺 700円
濃厚つけ麺 700円
味玉濃厚つけ麺 800円
油そば 700円
味玉油そば 800円
※魚介、煮干し、カレー、唐辛子から味を選択
以前の曜日ごとに変わっていた和風と鶏白湯が両方食せるようになっている(個人的には和風はパンチがないので鶏白湯がオススメだが)。
しかし今回の目玉はやはり「油そば」。つけ汁がないのだが、ここは「つけ麺専門店」である。この店の醍醐味はやはり麺なのだ。その麺のうまみが分かるのは「油そば」である。
個人的には煮干しが好きなのだが、最近の夏バテにはカレーや唐辛子を味玉とともに食す。これほど旨いものはない。あと意外に盲点だが、カウンターの上に荷棚があって、ちょっとしたカバンなどであれば置く事ができる。ぜひこの夏、一度食していただきたい。

麺匠 たけや

おいしいのになぜ客足が?と思う店は多い。この「たけや」もその一つ。

残念ながら写真を撮り忘れたので、他のブログの記事を参照してもらいたい。

「静岡小市民のらーめん食べ歩記」

 http://blogs.yahoo.co.jp/imoke014/60771275.html

「石焼きつけ麺」というグツグツ煮えたぎるつけ汁につける、つけ麺。近場の「きじ亭」にも勝るうまさである。食べ終わった後にはつけ汁にごはんをいれておじやに。しょうがスープの割スープがまた体を温めてくれる。

今回食べたのは「石焼きつけ麺」750円、ごはん100円、大盛り100円
(↑大盛りにするところが最近Koyahiさんの悪影響がw)

静岡市の七間町、きじ亭から南側に歩くと右手に見えるお店だ。カウンターのみであるが、新築できれいで清潔感もある。今必要なのは客足だろう。店員は近場の「あかつき屋」で修業されていたとの事。個人的な感想としてはあかつき屋、きじ亭にも劣らないおいしさだ。場所が七間町で分かりにくい場所なので、ブログやツイッターを利用して地図を載せてみたら?と提案した。

おいしいお店を紹介すると、店が混んで自分が困ることになるので、できれば紹介したくなかったのだが、若い静岡を活性化してくれるお店を風化させないために、今回はブログを作成した。

メニューや営業時間を店員さんたちが追記してくれるとありがたい。食べログを作ってもいいと思うのだが。


つけ麺専門店 きじ亭

 念願のきじ亭に行ってみた。
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22004404/

念願と言われても、きじ亭が何なのか、知らない方も多いだろう。最近の静岡市中心街はラーメンのうまい店が乱立しているのである。

あかつき屋伊駄天をはじめ、最近は矢吹日の出ラーメン、伊駄天の支店の権坐など、以前の中華料理屋のラーメンしかない静岡市とは思えない店のそろいようだ。

そんな中でも七間町にあるきじ亭は、噂こそよく聞くのだが、中心から外れており、なかなか訪問する機会がなかった。ようやく今回は念願かなっての来店である。


七間町のスパーゴを知っている人なら見たことがあるこの光景。この裏通りのようなさびれた中にきじ亭は佇んでいる。

カウンターのみの10席ぐらいであろうか?せまく、店主も目の前。広々とした所で食べたい人には合わない店かもしれない。注文はこの辺りでは珍しく食券ではなく、口頭による注文である。

火曜・水曜は休みで、月・木・土曜は濃厚鶏白湯の日、金・日曜は和風出汁の日である。メニューはふつうのつけ麺、煮干しつけ麺、唐辛子つけ麺、カレーつけ麺で月・木・土曜は700円、金・日曜は600円である。味玉やごはんは100円で追加注文、麺の2倍盛りは200円で追加注文である。

今日は土曜なので鶏白湯の日。煮干しつけ麺を頼んでみる。待っている間にお茶をいただく。カウンターは割りばし、唐辛子、ティッシュしかおいていない簡素な感じである。

しばらくして煮干しつけ麺がやってくる。




鶏白湯なので、チャーシューでなく、鶏肉である。鶏の出汁なのだから当然であるが、意外とこの辺を考えないで出す店が多い。麺も平打ちのねじれ麺?で歯ごたえのある、いい麺である。

つけ麺の麺はやはり出汁を吸うため、少しねじれて太い方がいい。この辺は好みの問題もあるかと思うが、私にとってはベストな麺であった。

そしてこのつけ汁!ああっ、今までなぜこの店に来なかったのだろうか?半生を(そこまで長くやっていないが、この店)後悔するほどにうまいつけ汁である。いろんな店のつけ麺を食べたが、はじめて「これぞつけ汁!」というものに出会った。

麺の量は少なかったが、つけ汁の量がちょうどよく、食べ終わる頃にはつけ汁が少し残るぐらい。割りスープを加え(このスープを自分で調整して入れられるのがよい)、スープを全て完食!ここ数年でラーメン・つけ麺のスープを完食したのはこの店がはじめてだろう(また血圧が上がりそうだが)。

「つけ麺はどこがオススメですか?」
と聞かれたら私は即答でこの店を勧めるだろう。いや、客足が増えるとカウンターがすぐ満席になるから勧めないか!?それ程うまい店であった。きじ亭の御主人、すばらしいつけ麺を作っていただき、ありがとう

最後に会計の際に「うまいつけ麺でした」と言いたかったが、あまりのうまさに感動して言葉が出なかった。この場を借りて御主人にお礼を申し上げたい。

どん岩崎来店

 待望のドン岩崎に来店。
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22002899/

カウンターは広く、10人ほどが座れる作り。個室も2つあり、10人ほどが入れる様子。なぜ予約がなかなかとれなかったのか、不思議なぐらい。

前菜が運ばれてくる。目を引くなー。この白鳥。左のにこごりのような味もよかったけど。前菜の説明をしてくれないと、我々庶民にはわかりませんw


そしていきなりフォアグラ。まだ前菜w 大根に味が染みてちょうどよい味加減に。フォアグラのような肝臓に自分がなりそうで怖い。食べすぎ注意だな


本日のスープ。クリーミーでいながら塩加減もよく、濃厚でありながら、後味はさっぱり。


あわびですねー。あわび独特の歯ごたえを残しつつも、繊維質がうまくほどけて、固さが和らいでいる。肝も苦みが少なく食べやすい。


おおーっと、伊勢海老半身ですか!?もうこの辺で結構お腹いっぱいになるけどw
メインのお肉がまだだというのに、このボリューム。すばらしい。


ちょっと梅酒でブレイク。梅酒も日本の梅酒ではなく、フランスのもの。どことなく味が西洋風。一度お試しあれ。ビール→スパークリング→梅酒→魔王と各種堪能させていただいた。お酒がワインに限らず豊富なのもすばらしい。


焼く前に生肉を見せていただきました。連れの若い奴は「いただきます」と生で食べようとしたけどw 岩崎シェフに「どうぞどうぞw」と言われる始末。

お肉はサーロイン・ヒレを選べます。僕は若くないのでヒレw


焼き野菜もおいしい。鉄板焼き屋はお肉に力を入れがちだけど、野菜の評価で決まると思う。野菜はこの高騰の中、よいものを仕入れている。


ガーリックライス&味噌汁を取り忘れましたw んで、デザート。このフィナンシェのようなお菓子が甘すぎたかな?まあサーロインを食べた人には合っているかも。

かくしてドン岩崎のコースは終了。大体15000円コース。5800円のコースからあるので、お財布状況に合わせてご相談を。神戸の鉄板焼きを食べた時と同じ感動を味わった。また機会があれば行ってみよう。

丸亀製麺

 昼飯はどこがいいかなーと思っていたら、呉服町通りに「丸亀製麺の釜揚げうどん」ができていた。

迷わず釜たまうどん

当然大盛り。うどんは意外に塩分が多いのだが、今回はしょうがない。付け合わせに小エビかき揚げといなり寿司を追加で660円也。

はなまるうどんとどこが違う?って言われるかもしれないが、はなまるより活気がある。店員さんも元気元気。うどんもできたてほやほやのうまさ。

静岡人はうどんにあまりなじみがないせいか、かきあげやネギをセルフでいれるのを「めんどくさい」という老夫婦も多く見受けたが、こんなの讃岐では序の口。向こうは畑のねぎをとってきて、自分で洗ってはさみで切っていれるからね。


はなまるよりいい感じだった。あかつき屋に行く前にここに寄ってしまいそう。ますますつけ麺専門店のきじ亭が遠のいてしまう。

焼肉大失敗

 しばらく投稿してなかった...。なかなか書けなかったもので。

昨日は静岡市駅南にできた、某焼肉センターに行ってきた。感想は...。まずい。まずすぎる。牛タンが初めに来た時に気づくべきだった。なぜ牛タンが黒ずんでいるのか...。カルビは脂しかない。まずくて食えたものではない。唯一の救いは豚のハラミがまあまあだったことだ。それ以外得たものはなかった。当然まずいので写真はとっていない。

あ、あまりにまずかったから口直しに某有名焼肉店の牛タンを

これぞ牛タンだ。黒ずむはずがない。やっぱり静岡の焼肉屋は文田商店かここしかない。ここの店名は予約だけで殺到してしまっているので書けないんだけど。肉の卸業者さんがオススメするほどです。

あまりの焼肉のまずさが残っていたので、今日は口直しにうまいものを食べようと思い、中島屋ホテル近くにできた日の出ラーメンに。剛つけ麺を注文(750円)。大盛りの量が分からないのでふつう盛りで。

うまい。しょっぱいと聞いていたが何のその。麺が太いのがいいのかもしれない。この辺りは最近うまいラーメン屋が多くて。スープ割も卓上にあるので、気軽にできる。キャベツをスープに入れてるのがなかなか塩加減をやわらげていて、いい。

近くの矢吹。塩ラーメンとつけ麺を食べたことがある。

つけ麺はまあまあなんだけど。具材が麺の上に載っているのはどうなんだろうか?汁にぶち込んでいる方がいいような気がするけど。また極みつけ麺は1000円と割高。うまいんだけど、日の出ラーメンの方が好き。ラーメンはうまい。最近いりこだしを存分に使ったラーメンが増えている気がする。

でもやはり最近の一押しはあかつき屋


最近はつけ麺よりはこってりのねぎチャーシューが好き。カロリーや塩分はどんだけ多いんだか。しかしスープのコクもよく、麺も細いので、ここのスープにあっている。こってりとあっさりを未だに毎日供給している店主には頭が下がる。だけどやっぱりあっさりは頼まない。ここの醍醐味はやはりこってりだ。

きじ亭にも行きたいのだが、大体あかつき屋で済ましてしまう。いつかはきじ亭のつけ麺も食してみたいものだ。



静岡の事ならすろーらいふで

静岡のフリーマガジンを見つけた。鷹匠特集は売り切れ。でもバックナンバーをPDFで見ることは可能。
すろーらいふ
 http://www.webinn.co.jp/

やっぱりシフォンケーキの「Cana」は有名だなあ。


最近パサージュ鷹匠にプリン専門店もできたとか


あと載ってないけど最近気になっている帽子屋「ATUMA


http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=E546538849

頭が大きいんで、合う帽子がなかなかない。ここならいい帽子置いていそう。日吉町駅からすぐです。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM