<< きじ亭 リニューアル | main | 油そばと言えばきじ亭 >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セノバについての考察

新静岡センターが改築されセノバが開店した。静岡の活性化として期待されているが、個人的にはあまりにもお粗末な感じが否めない。いくつか列挙してみる。

1、来場者に見合った広さではない

開店から2週間以上たち、たまたま本屋に行く予定があったので行ってみたが、来場者がこれだけ多く来ることは想定していただろうに、実際のセノバは狭すぎる。某商店街の圧力もあったようだが、これが静岡を代表する商業施設?と耳を疑う狭さである。

東急ハンズは東京などでハンズを利用した人なら、その狭さに愕然とするだろう。これは伊勢丹の二の舞である(ちなみに都心から来た人は伊勢丹のあまりの小ささに驚き、再び来店することは少ない)。思うにNojimaや映画館を併設したいのであれば、駐車場をなくして大規模にすべきだったのではないか?駐車場が近隣の施設を利用しなければいけなければ、それだけ近隣の施設に立ち寄ることも増え、一層の発展ができたと思う。

2、こどもづれに優しくない

混雑している中エスカレーターにベビーカーやこどもをかついで乗る親が少なくない。これはこどもを連れた親がどれだけ苦労しているか分かっていない設計だからである。エレベーターは狭すぎて、エスカレーターを使用せざろうえない。ららぽーと等は子連れの事をきちんと考えて設計企画されている。これを数十年市の中心として存続させたいとはおこがましいとしか思えない。

3、バスや市電のアクセスが悪い

バスターミナルや静岡電鉄に向かいたいのに1階が混雑してしまい、身動きが取れない。なぜ1階をあんなに狭い作りにしたのか?意図が読めない。市電の本数を増やし、急行を復活させたのは評価に値するが、バスターミナルはガラス張りにした以外、目新しいものはない。

4、閉店時間が早すぎる

フードコートは20時、レストラン街は22時に閉店する。これだけの規模の百貨店がこんなに早く終了するのは政令指定都市では前代未聞だろう。映画のレイトショーもあるのに、早く閉まっては何の得があるのか?このあたりも静岡時間で、都会化できない悪い点である。

まだレストラン街、フードコートを利用はしていないが、この混雑では周辺施設で食事するしかないだろう。しかし周辺施設も決して飲食店が立ち並んでいる訳ではない。北街道はここに目をつけて、夜遅くまでやる飲食店や、ファミリー層がはいりやすい食堂などを開店すれば活性化するだろうに。「セノバはセノバ、うちはうち」という、静岡人の閉鎖気質が相変わらず残っている所に、静岡が田舎から脱せられない理由を見ることができる。



スポンサーサイト

  • 2016.05.20 Friday
  • -
  • 18:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM